2008.06.16(Mon):政治・社会
スピード社製の水着を着るとタイムが縮まり、新記録がでると話題が問題になったが、
そもそも水着は股間や胸の露出を防ぐだけの為にあったのだろうか?

鮫肌水着など、今までも水着でタイムをいかに短くできるか
水着を製作する会社は試行錯誤していたはずで、
今更、スピード社製の水着がタイムを早くできるから禁止とゆうのは
あからさまにおかしく、もし禁止にしていたら、それこそ問題になっていたと思う。

今回の問題が、スピード社製の水着を着た人と、着てない人とでタイムに差が出来すぎると、
スピード社製水着を着ていない選手と公平ではなくなるって点で、
スピード社製の水着を買えない国の選手がオリンピックで活躍できなくなる可能性がある問題。

しかし、今後も水着をはじめ、マラソンの靴や、砲丸、ラケットなど、
道具による成績の良し悪しは確実にすでにあることで、
これからも技術は進歩していくはず。

なので、エンジンのような道具をつけてはならないとか、
手ビレ、足ビレをつけてはならないといった規則は必要だと思うが、
水着自体に対する規制は必要ないのではないかと思う。

1秒を競う戦いになるので、上半身を覆った方が早くなるかもしれないし、
腕は水の影響を受けやすい素材をわざと使って、かく力が発生しやすくなるかもしれないし、
そこらへんは各スポーツ会社の自由競争でいいと思うし、
もし、競技で貧富による差を出したくないのなら、
大会スポンサーとしてスポーツ会社を取り入れ、
その企業の製品は無償で貸し出しを行うなどの処置を行う仕組みを作るほかにないかと思います。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/350-856c26c0
 ←内容を管理者だけに閲覧させる