朝青龍 白鵬 駄目押し 問題

 【 2008.05.30(金) 】



今回は朝青龍がダメ押しをし、白鵬がそれに怒った形になって問題になりました。

しかし、私が見た感想を言うと、朝青龍は白鵬が急に倒れ、
バランスを崩したので白鵬に手をつき、
おっかかって倒れないように、
瞬時に手を押して離したのでダメを押したように見えただけで、

白鵬にビンタをしたように見えたのも、
白鵬が急に立ち上がったのに手がぶつかっただけだと思います。
もしあの瞬間に狙ってビンタをしていたのなら逆にすごい反射神経です。

そもそも、あきらかに勝っているのにダメを押すのは微妙だけど、
今回のような駄目押しはやるべきだと思います。

朝青龍はちょくちょくダメを押しているのを見るが、
もしも今回のような時に白鵬が手をついていなく、
朝青龍が終わったと思って立ち位置に戻っている最中に
背後から押し出しをくらってで負けたら?

それこそ横綱として恥ずかしい戦いだと思い、問題になる。

柔道でも1本が出ても、押さえ込みに移るのが当たり前で、
確実に勝ちが決まっていないならダメを押すべきと思う。
勝つと思うな。思えば負けよって事で。

それと、今回も横綱の品格がと横綱審議委員会などが騒いだが、
あんまり騒ぎすぎだと思い、横綱の品格がない
横綱の品格がないと騒げば騒ぐほど、

そのモンゴルの横綱に勝てない、
国技であるはずの日本人の弱さを露呈しているように感じるし、
品格がない横綱がトップである相撲界も品格がないように感じてしまう。

国技だからと、礼儀や品格などを重んじるのはわかるが、
あんまり軽んじてマスコミのネタに振り回されないでほしいと俺は思う

Category: 政治・社会

Theme: 大相撲

Genre: スポーツ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks