中国 地震 5.21

 【 2008.05.21(水) 】

現在の地震での死者4万1353人、行方不明3万2666人らしいです。
今回の地震で感じたのは、地震での被害は建物による被害が多く、
やはり耐震問題があります。

日本でも耐震強度の問題が取り上げられてるが、
金をかけないようにすると耐震強度も低くなるようなので、
企業努力より、国としての指導が必要なんだと感じました。

それと、緊急支援の体制の問題。
国内の事は国内でやるってのが基本だろうが、
今回のように規模が大きい場合、海外からの援助も確実に必要になると感じました。

なぜなら、国内の問題は1箇所で起きると決まってなく、
今回は四川省で地震が起きたが、同時に他の場所で異常気象による浸水被害などが起こる可能性も十分に考えられ、
そうなった時に総動員で地震にあたっていた場合、
国内の災害に対処ができなくなる可能性がある。

なので、緊急援助体制が必要になると思うので、
緊急援助隊の存在もあることだし、各国との連携体制の確認が必要かと思います。
そして今回、日本から緊急援助隊が向かったが、
ダムの決壊の恐れがあると、何しに行ったん?って結果になり、
現在は医療チームも向かいましたが、
活動範囲に規制などがあったりで、
目の前で人が死んでいく中で能力を活かせずにあるので、

海外の緊急援助隊に任せる、活動内容に合った場所や活動内容を政府や上官が決めるなど、
そうゆう体制が必要だと感じました。

それと、核施設の耐震強度の重要性。
これは日本でも問題になっていて、
大規模な人的2次災害になる危険性があるので、
核施設は世界基準を設けて指導&改善を世界規模で行う必要があると感じました。

そして、中国でこれだけの死者が出たわけだが、
更に問題なのが一人っ子政策万歳って事で、
やはり、父親と母親の2人から人は生まれるので、
2人以上の子供は必要だと思いました。

今回のように子供が1人だけで、事故死などで子供を亡くしたりした家族は立ち直れない程の悲しみを背負って生きていくことになると感じました。

そして、こうゆう時だからこそ震源地に出向き、無償で歌手がライブを行ったりして、
気を紛らわせるなどしてはどうか?と感じました。

それから、ミャンマーもだけど、人が死んでいる状況で助けられない政治・世界・社会の情勢。
閉鎖された政治国家は世界的に少なくなく。
戦争や難民などでもだが、人権問題が発生した時、
海外の国々が支援や指導をもっと行えるようにすべきだと感じ、
人類の今後の課題の1つだと感じました

Category: 政治・社会

Theme: 中国のニュース

Genre: ニュース

Comments (1) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

アルも阪神淡路で地震は経験したんだけど、普段話すらしない近所の人や身も知らぬ通行人と助け合ったりできたのが嬉しかった(*´∀`)
まっ、地震のゴタゴタで恋愛一つおわったんだけどね=w=;
それもいい思い出w

Posted at 17:51:34 2008/05/22 by アルシュナ

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks