後期高齢者医療制度 今後の日本

 【 2008.04.15(火) 】

ニュースで、後期高齢者医療制度で不手際や、
説明不足、制度そのものが問題になっています。

不手際が発生するぐらい、説明する暇もないぐらい
急いで年金から天引きする制度をよく通したものだと思います。

政府は年金額が低額だったりすると安くなると話がありましたが、
実の所、原油高騰などでいろいろな物が値上げされている中、
年金をもらっていても生活が厳しい状況で、
なるべく医療を受けずにいる高齢者の方は多くいるとおもいます。

高齢になれば医療を受ける率が高まり、国にも負担がかかる為、
今回の制度ができたみたいだが、
医療を受ける必要が多くなるというわけで働かなくていいように
年金をもらっているわけで、その矛盾をかかえたまま、
説明も議論もないまま、問題になっても徴収を始める政治に思いっきり不信です。

そもそも、現在の年金だと、年金をもらっていない人は全然もらっていなく、
仕事ができなくなった時に何の保障がなくなり、見殺しになってしまうため、
年金を一定額以上を保障するって方向になっている時に
民間の保険にも入れなくなったり、審査がキビしくなったりし、
負担が大きくなる年代なので、そこから徴収するのはどうかと。

たしかに少子化で騒がれていて、若者に負担をかけてばかりもいられないだろうが、
道路は道路、ガソリンはガソリン、タバコはタバコ、酒は酒と、
税金の収入源と、使い道を分けているせいか、
確実に税金の分配を間違えていると感じる。

どっちにしろ、税金は不足している、もしくは不足すると仮定し、
とりあえず、道路もだけど、税金全体の使い道を縮小する必要があると感じる。
つまり、長期的に見て借金がマイナスにならない使い方。

つまり、外貨を獲得する必要があるとゆうこと。
箱物などは日本国内でのもので、国として見たら利益を生まない。
なので、外貨獲得に向け、資源のない国なので、
技術的企業への投資や、世界的に活躍できる人材育成を国として支援しないといけない。
その人材育成の人材が少ない現状なので、
国は借金覚悟で先行投資を行うしか手はないと感じた。

本来なら節約節約で行くと思われるだろうが、
現状が子供が生まれ、育つ環境が良いと言えず、
親は子供を生まず、生まれても自殺する環境。
この状況で節約すると、国民不安を増す事になり、
子供が増えない。つまり、国を担う人材がいなくなるとゆうこと。
こうなったら外国から才能ある人材を呼びこんで・・・って、
資源もない上に、人材はなく、外国から人を呼び込む魅力は他の国に負ける。
そうなったら日本は終わり。ただの無人島と化す。

金がある家庭に生まれ、貧しさを知らずに育った政治家を情報なしで選ばされる国民と、
私利私欲に走る政治家。
党として意見を合わせない奴を処罰する恐怖政治。
現状を見ず、未来を考えず、国民の意見も、
与党の意見も聞かずに数で決めてしまう強行採決。
そして、きちんと練られていないのに国民に痛みをしいる法律を実施する政治。
無駄使い、無計画で作る物。

腐った政治家によって国は、その意味をなくす。
日本の歴史は度々、改革が起こり、政治運営が変わった。
その歴史を学ばず、このまま破滅するのを待っているのか?

親は子供を育てる余裕はなく、
子供は未来を失望し、
若者は夢を見ず、
頑張って生きてきた老人は国に捨てられる。

自然環境も温暖化が進んでいる状況で、
一人一人が未来を真剣に考える必要がきているのだと思います。
果たして3000年まで地球は自然を保ち、
人々は幸せに暮らせるようになっているのだろうか?

Category: 政治・社会

Theme: 時事問題

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (1) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事へのトラックバック

問い合わせ殺到、後期高齢者医療 4・15ショックか
後期高齢者医療制度で、保険料の公的年金からの天引きがスタートするのを翌日に控えた14日、厚生労働省や自治体窓口には「いくら引かれるのか」などの問い合わせが相次いだ。担当者らは「15日になればさらに電話が増える」と“4・15ショック”に備えた。

2008.04.16 (Wed) | 陶芸ブログ 炎と土にたわむれて