2008.03.21(Fri):政治・社会
今回の話は負の連鎖。
以前も書いたが、夕張が財政再建団体になり、
市民にその負担がいき、他の県で暮らした方がいいって状態になり、
引っ越す市民が増えているとゆう。
予想はついてたけど、あまりにヒドい。
国と県は国民の為の機関ではないのか??

大阪・宮城なども負債を抱えており、財政再建団体になろうかとしているらしく、
今、一生懸命、節約&回収しているようです。

でだ、普通なら、財政再建団体になったら利益が上がるように運営方針を変えてく団体ではないのか?と感じた。
夕張のように、県民に痛みをしいり、国は国民に痛みをしいる。
そして県民は他県に引越し、県民はいなくなり、更に財政再建が困難になる。
国民に痛みをしいり、金のある日本人は海外で暮らすようになり、国力と財産を失う。

こうやって簡単にしてみているとわかるだろうが、
税金100%で保証もない県や国には誰も住もうとは思わないので、
利益は少なくても、他の県や国から来たくなる保証と利点が必要。
しかし、今の日本は紙切れや形式にとらわれ、時代や状況にあったように自由に方針を変えれず、
良い方向へ全体を動かせる才能を持った人やアイデアはないと感じる。
東国原さんくらいか?

地味だけど宮城の村井知事も頑張ってるが、未収金の積極回収をするとか、
金がないから金を回収するのは実施するのはいいが、
国とか、金が欲しい時は回収に積極的になるくせに、
免税、源泉徴収などの出費が発生する保証などに対しては消極的すぎて、
個人で申告をしないと支払わないってのはどうかと思う。
支払い、徴収するも、キッチリ把握して、払う物は払うべきだし、徴収するものは徴収すべきだと感じる。

それと大阪はダメ。橋下徹知事は良いが、無理して頑張っている感じが余裕がないように見える。
トップがイライラしてると、組織も気まずくなり、仕気が下がる。
まず、初めて知事をするんだから、周りの人がバックアップして手伝うのが当たり前だが、
大阪って県民性だろうか、部下のクセに知事に食って掛かる。
しかも、今までいたお前ら議員が悪いから財政が破綻しかかるまでなっていた奴等のクセに、やる前から文句を言う。
ただでさえ関西弁はキツく聞こえるってゆうか、現に汚い言い回しを使うが、
議員などがそうゆう発言をするのは、関西人の品格を疑う。
とにかく、良い意見も、文句も、改善点なので、マニフェストより少しズレれも、
現状でベストと思われる方向へ修正しつつ頑張って欲しいと感じる。(たこ焼きとお好み焼き食べたい)

それと、話を変えるが、我が子と、男の子を殺害した畠山鈴香被告が無期懲役となった。
2人の子供を殺害し、無期懲役ってどうなのかと。
調べてみると、
無期刑とは、終身拘禁を内容とする自由刑である。ただし、現行法上10年を経過すれば仮釈放を許すことも可能であるとあり、
刑務所の収容数や、財政的な点、仮釈放を求める偽善団体の圧力?など、
いろいろあるだろうが、仮釈放で刑務所から出れる可能性があるらしい。

法律ってゆうか、今の法廷では我が子を殺害しても、他の人に迷惑をかけないせいか、
人を殺した割りに刑が軽くなっている。と、感じる。
問題は男の子を殺害したぐらい?
個人的には、故意に1人を殺害したら死刑で良いと思うんだけど。
(認知症の老人の介護疲れや、殺人犯などは刑を軽くするなど、相手にもよるが。)
死刑は人権尊重団体だかってゆう偽善団体が文句言ってくるせいか、あまり実行できず、
犯罪者が刑務所で雨風しのいで、飯を食い、医療を受け、ホームレスより良い生活をして税金を食いつぶし、
挙句の果てに仮釈放の間に犯罪を更に犯している。

そして、神経が衰弱状態にあったとかないとかで罪が軽くなるったり、
そうゆう、精神に異常をきたす状況にあるのは考慮にあたると思うが、
ただ、畠山鈴香被告みたいに精神不安定とかで罪が軽くなるのは問題だと思う。
釈放さたら、また精神不安定になり、犯罪を起こす危険性が高いと考えられるから。

それから、話を戻すが、畠山鈴香被告は幼少期から父親から虐待を受け、
友達からもイジメを受けて育ってきた為、人とうまく接したり、
人を信じたりできない性格になったのだろうと考えられ、
その結果、我が子の愛し方もわからずってな感じで、ここでも負の連鎖。

国民に痛みをしいる→殺人、強盗、自殺などが増え、
生活に余裕がなくなり、物質至上主義の日本人は、経済力が貧しくなると、心も貧しくなる。
物質至上主義だから、相手を愛し、尽くす事より、自分が不利益を感じると、離婚したり、子供を放棄したり。

仕事は、人からでた負を解消させる事で金をもらうと考えていいと思う。
負は基本的に増えるものだが、その負を解消している間は不幸だろうが、解消した後はその分幸せも増えるんだと思う。

親から虐待を受けて育った。だから自分はそうならないように人とコミニュケーションをとるなどして、
なるべくそうならないようにしたり、

今までは借金しているのに金が余ってたら使ってしまうところを、
予算が余ったら貯金にし、それを借金返済にあて、
予算が余らない場所は逆にもっと予算が必要なのか、
それとも、使い方が荒いと検討を入れるようにするなどに変えるなど、

ダメだったら、そこを直せば良い。
人間は負を受けたら、負に流れやすいもの。
無理せず、余裕を持って、愛情を持って生きて欲しい。
金がなくても、なんくるなるさ。
愛さえあれば何でもできる!

死ねば皆同じ。悪意ある人の批判などイチイチ聞いてたらキリがない。
自分の幸せは自己満足。人から与えられる愛が本当の幸せ。
だから人や物事に愛情を込めて接しないと愛と幸せは返ってこない。
と、思う。

とりあえず、1度しかない人生。地獄の中も死ぬ気で楽しむべき。
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/256-fb9964f6
 ←内容を管理者だけに閲覧させる