中国 農薬 餃子 推理

 【 2008.02.23(Sat) 】

JTフーズの冷凍餃子に、農薬の成分であるジクロルボスが混入していたことで
加工された中国製品は危険であると調査され、他の商品にも農薬成分が含まれていたと問題なっている。

そこで今回はどこでジクロルボスが混入されたのかを推理してみようと思います。

混入ポイントを逆から考えます。

まず、販売店の殺菌シートや、殺虫剤などによる混入。
これだと、フィルムの外部に付着しているのはわかるが、
内部の食品にまで成分が付着するか?
そして、この場合だと餃子だけでなく、近くにあった他の冷凍食品も同じ成分が含まれいているはず。

次のポイントは運送・輸送時。
薬品類と一緒に運送してる時に成分がうつった可能性。
これの可能性があるなら、同じ日の同じメーカーの可能性がでてくるが、
店舗同様に内部の食品にまで浸透するのか?とゆう疑問と、
同じ経路で輸送された餃子以外の食品も食中毒が発生している可能性が高くなる。

そして、嫌がらせによる可能性。
日本で嫌がらせとなった場合、薬剤の入手方法の問題と、
穴を開けず、一度開封してから再度封をした場合、
再度封をする設備と、違和感なく再包装する技術が必要になり、
組織的な犯行でない限り複数個数の犯行は困難である。
しかも局所的な犯行ならまだしも、日本各所の犯行となると、
航空で輸送され、トラックなどで各所に配送されるまでの間に行わないといけなくなる。

ここから問題の中国の可能性になるのだが、
まず素材の可能性から。
天洋食品に配送される前に、野菜が農薬を使用され、その後に収穫された場合、
農薬の濃度が濃いまま工場に運ばれ、洗浄されずに調理されたなどの可能性。
調理前から農薬の濃度が濃く、天洋食品で農薬を落としきれなかった可能性がなかったか?

そして、問題の天洋食品だが、
ここでの可能性が、上で述べたように農薬がついたままの野菜を洗浄しなかったorしきれなかった場合と、
従業員が混入させた疑い。
従業員が混入させたってのも、袋詰めの最中かもしれないし、
素材を保管してる時とか、
手袋に農薬をつけ、餃子を製造した場合や、
工場内のどこかに農薬がついた場所があり、そこに触れた状態で製造した場合など
いろんな可能性がある。

以上のことから、日本で混入される可能性は低く、
中国の素材~製品となるまでに混入された可能性が限りなく高いと考えられる。

製造~日本までの空港って場所での混入は、
上に述べたとおり農薬と一緒に運んだ場合と、薬剤を使用し、再包装の可能性があるが、
後者は再包装の手間と施設的な理由から可能性は低く、
前者の可能性は否定できないが、それでも食べ物と薬物を一緒に搬送する時点でどうかしている。
例えるなら、レジで食べ物と一緒のレジ袋に洗剤などを入れる感覚。

最後に、天洋食品の社長が「我々が被害者だ!」と語っていたのを見て、
ほう。言うもんだ。日本の社長とかもこれだけ言えばいいのにと思ったが、
被害者は金を払って食中毒になった人や、有害物質を知らずに摂取していた日本人じゃボケッ!
よく原因もわかってないのにそんな事言えるな!社長辞めて、死ね!って頭きた。

それと、JTって日本(ジャパン)タバコ協会なのに、
日本製品じゃなく、中国製品を売っていたのもどうかと思うし、
そんな製品管理もなされていない、食品に対する感性もどうかしている会社に
よく委託して製造させていたものだと感じる。

まあ、JTだけでなく、加工品は薬剤の検査を行わず輸入していた日本の検査体制もどうかと思うが、
今回の最悪なパターンが、薬物による食品テロの可能性があり、
日本中で多数の死者を出す危険性があったのと、
麻薬を餃子などに隠し、輸入できたりする可能性もあったこと。

オリンピック前で中国は食品の信用を落としたくないので、
国家的に隠ぺいするはずだが、
国際問題として問題を大きく見て原因の究明を徹底するべきだと感じる。

それにしても日本もJTもナメられたものである。まっことディライト(謎

Category: 政治・社会

Theme: 中朝韓ニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks