CO2 元素

 【 2008.02.14(木) 】

CO2っていえば二酸化炭素。O2が酸素。Cが炭素。
最近気づいたのがこれ。
元素記号を見るまで酸素から何かを抜いたりしたら二酸化炭素になるのかと思ったら
そうじゃなくて、
酸素に炭素を足したのが二酸化炭素で、不完全燃焼が一酸化炭素のCO。
燃えたらCO2になるらしいが、
そこで思ったのが、簡単に考えたら炭素と酸素を再び分解したら地球温暖化問題も一気に解消できるのでは?と思った。

ゆくゆくは工場などの施設から始まり、エンジンのマフラーに取り付けるぐらい小型化できるようになったら人工的な二酸化炭素の排出量はほとんどなくなるのでは?

例えて言うと、植物が二酸化炭素を吸って酸素にするみたいな機能をもった物が近未来できてもおかしくないかと思った。
それよか、これに気づき、研究がもっと昔から進んでいたなら、すでに完成していたとも思えてしまう。


そして、次が水素は癌の発症を防ぐ効果があるとこの前、ニュースで見た。
水素はH。酸素がO2。酸素と水素が合わさると、水になり、なぜかH2Oになるw
なので、効果は薄いかもしれないが水分を多く取った方が
体が酸化しにくくなるとも聞くし、癌を防ぐ効果もあるのか?と感じた。

話が出たからついでに書くが、癌は若い時から何度も発症しているものらしく、
それを正常な細胞が防ぐから、癌が大きくなることがないと聞きました。
問題が、一酸化炭素などで傷ついた細胞に癌が発症し、広がるから癌とゆう病気になるらしい。
つまり、癌にならないような健康的な生活をしてれば癌にならないのかもしれない。


余談だが、マビをしていて思ったのが、
羊は草を食べて毛を伸ばす。草は土と水と日光で生える。
なら、もしかしたら土から羊毛が取れるようになるのか?って無理っぽい事を考えた。

Category: 未来系

Theme: エコライフ

Genre: ライフ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks