ヒラリーさんに

 【 2008.02.06(水) 】

ヒラリーさんの選挙のニュースで見たのだが、
2つ意見。
まず1つ目が、学生にローンを禁止するとゆうものについて。
学生がローンを組む背景として、
家が裕福ではないとゆう理由があり、
それを禁止すると、今後アメリカを発展させる学生が育ちにくくなるのでは?と疑問になった。
ローンは必要だから金を借りるのであって、
ローンをしなくても勉強と生活が保証される環境を創るのが国として、まず必要だと思う。
なので、禁止とする考えはサブプライムローンの焦げ付き問題みたいに、
アメリカを支えている貧困層が打撃を受け、ますます格差も生む結果になると感じる。

次はイラク派遣を撤退させる事。
現状のまま撤退させると、
おそらくまたアルカイダのようにアメリカにやられた子供が大人になった時にテロを行うと思う。
撤退させる前に、まず治安、治療、生活、教育、政治を安定させて、
1人でも歩けるようになったら手を離すべきと考える。
そして、まず最初に行うべきは、イスラム教の代表と、アメリカの代表が、
イスラム教のジハードとゆう思想による武力による世界社会の中での危険性や、
アメリカの侵略と代償、
フセインの独裁体制と、独裁政治の危険性など、
イスラム教とアメリカの観点から見て、なぜ市民を巻き込む戦争を行う事になったのかを記した教科書を創るべきだと思う。
その歴史を知るすべがないと、
アメリカは親を殺した敵とゆう思想が広がり、神に遣える者が武力で人を殺める結果につなると感じるので、
この2つ意見。

Category: 政治・社会

Theme: 海外ニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks