妊娠 障害 流産 危険 赤ちゃん 

 【 2008.01.23(Wed) 】

妊娠しました。
って違います。

今回はニュースで毎日コーヒー2杯以上のカフェインを摂取していた妊婦は、
コーヒーを飲んでなかった妊婦と比べ、
2倍以上流産の率があがったと結果が出たとあったので報告です。

私の記憶が正しければ、カフェインは脳を麻痺ってか、覚醒させると同時に、
血行が低下した気がする。

赤ちゃんは臍の緒(へそのお)を通して、母親の血液から栄養を得るので、
母親が血行不良だと赤ちゃんは栄養不足で体を形成できずに死んで(流産して)しまう可能性が高くなる。

カフェインはコーヒーだけではなく、紅茶や緑茶にも含まれていて、
栄養ドリンクなどにも含まれいたりするので注意です。
毎日コーヒーで2杯以上のカフェインの量さえ摂取しなければいいので、
何事も程々にって事です。

それと、血行低下で流産の可能性が高くなると言われているのが、
秋茄子は嫁に食わすなと言われる、茄子と、
ハーブのアロマテラピー(紅茶も?)らしいです。

タバコを吸う家族がいると、発癌率が上がるって情報があるように、
タバコも血管を縮小させるので、吸ったり、伏流煙を吸うってのも注意です。

それと、飲みすぎで肝臓がアルコールを処理しきれず、気持ち悪くなるように、
アルコールは基本的に毒なので、奇形児や障害のある赤ちゃんが生まれる可能性が
上がると言われています。

1度流産や下ろしたりしただけで、
2度と子供が作れない体になったとゆう話も聞いた事があるので
体と心と人生を大切にです。

Category: 政治・社会

Theme: 妊娠・出産

Genre: 結婚・家庭生活

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks