2007.12.22(Sat):政治・社会
韓国で大統領選挙が行われた。
動画サイトで選挙など、アメリカ同様熱狂的だった。

それに比べて日本の総理大臣制度はどうなのかと疑問を感じざるをえなかった。

理由としては、国民がいくら誰が総理大臣になってほしいと思っても、
政治家の中の権力とかコネなどで総理大臣は勝手に決まってしまうからだ。

同じく、民主党、自由民主党も、国民を主とした政治を行っているか疑問を感じる法律を
国民に説明&賛成を得ずに行っているように感じることが最近多く感じられ、
本当に民主なのか疑問を感じる。

防衛庁長官の水増し請求など、
誰からも注意されない立場による横領や、天下りなど、
根本的に、古くからいる政治家による腐敗の産物だと感じ、
総理大臣制度を日本も取りやめ、大統領制にして、
大統領が変わると同じくして幹部も入れ替えを行うようにし、
今までの実績にしがみついて当選&権力維持をし、
甘い蜜を吸っている政治家をなくしていかなくては日本の無駄使いの改善をはじめ、
将来的な財政の充て方、社会的・経済的弱者を切り捨てる政治も改善が行われない気がする。

とりあえず、福田総理は慎重すぎて総理として権力なさすぎ。
小沢代表も妙に偏った考え方ある時あるのに、行動力ありすぎて怖い。
舛添さんじゃないけど、それくらい国民とのバランス感覚と行動力など持った人が
日本の代表なってほしいと思う
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/167-bd3b68fb
 ←内容を管理者だけに閲覧させる