2007.12.22(Sat):政治・社会
かなり遅いが、亀田&朝青龍の謝罪会見について意見。

まず朝青龍だが、ずっと一人横綱で、怪我をしても負けれない状態が続き、
妻がモンゴルにいたり、優勝して当たり前、負けたら喜ばれるような状態になった上、
マスコミで態度や師弟関係などの、バッシング。

まあ、横綱ならそれくらいって意見にもなるだろうが、
横綱も人間だし、鬱にもなる。

心技体を学ぶ上でも、一度休みをとったことで少しは将来的な経験に
なったのではないかと感じた。

そして、国技相撲だが、横綱がモンゴル出身って時点で国技ってどうなの?
相撲なんて所詮、格闘技になったらヒキガエルみたいに簡単に倒されちゃうんだし、
(総合格闘技なら活躍できるとは思うが、)
国技だからとゆう伝統も、外国から力士が入ってきては猛威を振るっている現状からしても、
無駄なプライドなど捨てて、そろそろ見直しても良い時期にあるのではないか?と感じる。
古き良き伝統を守りつつ、外国人にも愛される相撲に変えていかなくてはいけないのかもしれない。

今回はたまたま朝青龍だっただけで、他の外国人横綱が精神病になっていたか、
精神病で引退、もしくは相撲文化に溶け込めずに自殺など、
今後起きうる前ぶれの可能性もあるので、最初から朝青龍を責めるべきではないと思っていた。

しいて言うなら、細木先生みたいに横綱(最高の漢)は格あるべきと説くのが正しいと思う。
今回のマスコミのバッシングは人を成長させるバッシングではなく、
思いやりなく批判する悪意あるバッシングだと感じ、
食品偽装や、政治など、他にネタがあれば小さく取り上げ、
今までの騒ぎは何だったんだと思うような報道の仕方はどうなんだと疑問を感じた。
とりあえず、戻ってきたんだから怪我に気をつけ、頑張ってほしいと思い、朝青龍の話は終わり。


そして、亀田一家も同じくだが、大毅は反則しようが、しまいが実力的に負けていた。
まだ若いし、実力が違かった。
反則の支持はたしかに悪いが、あの時投げたりしたのは、
俺が見た感じでは内藤選手のスタミナが切れ、
クリンチが増えたのにイラついて投げたように見えた。

クリンチ→投げるは他の格闘技でもたまに見る光景で、
別に珍しいことではなかった。
そして、バッティングなどで切れた箇所を狙うも狙わないも対戦相手の自由。

格闘好きの人から言うと、別に亀田一家だからって反則でもなく、
反則を犯せばその分、判定でペナルティーを食らうわけで、騒ぐ事じゃない。

ただ、切れた箇所を狙い、傷口を広げて勝ったからチャンピオンか?って言ったら
兄の興毅同様、名前だけのチャンピオン扱いをされるだけだと思うし、
内藤選手もチャンピオンなら、そこは勝たないとチャンピオンらしくないと思う。

つまり、興毅や史郎トレーナーの指示はセコンドとして罰を受けてしょうがないコメントかと思うが、
実際に試合をしている大毅が記憶がないって言うのは、
あの状況なら仕方のない事かと感じるし、負けが一番の罰だと感じ、
試合後に改めて罰を受けるのはどうかと感じた。

謝罪会見も俺から言わせてもらうと必要ない。

ただ、興毅の謝罪会見は良かったと言いたいです。
どっかの企業の代表なんかの謝罪会見なんかより誠実身があって良かった。
あれだけ謝れば大毅まで謝らなくても良いと思った。

そして、大毅だが、かなり批判受けそうな感じだったが、俺は好きだったw
できれば、さがれさがれ(`ω´)ノ まで再現してもらいたかったぐらい。
大阪人ならトコトン笑いとらないとイカンよ。

つまり今回の両方の謝罪会見で俺が言いたい事は、
スポーツとゆうエンターテイメントなんだから、
あまり厳しいこと言わず、ボクシングの挑発とかも
プロレスみたいなエンターテイメントの一環として見たり、
悪役朝青龍最強列伝とかも、もっと楽しんで見た方が良いと提案したいです。

ps.安部元首相もできればモンゴルで療養&会見したかった
TrackBackURL
→http://notikuma.blog74.fc2.com/tb.php/166-4e9c30dd
 ←内容を管理者だけに閲覧させる