動画を見る上の注意

 【 2007.12.19(水) 】

まず、サイトを見てると、たいがいはスパイウェアってウイルスがあります。
スパイウェアは動画サイトじゃなくても、一般のサイトにもついてるので
基本的にサイトを見る時はアンチスパイを監視状態にしておいてください。

ウイルスはPCのデータを変更させるのに対し、
スパイは相手のキーボード入力やマウス操作、
保存されたパスなどの個人情報をスパイを仕掛けた人のPCに抜き取ったりできるそうです。

なので最低限の処置として、パスの入力前や、サイトを見た後、寝たり放置する時などの時に
アンチスパイで検索&駆除する習慣をつけましょう。

ウイルスは利益を生まないので、愉快犯的な感じで、最近はほとんどありませんが、
その代わり、アカウントを盗んだりできる可能性がるスパイが氾濫し、新種のスパイも次々と開発されている恐れがあります。
ですので、製品のアンチスパイを入れておくがいいですが、
1つのソフトでは未対応のスパイがある可能性があるので、
最低でも2つか3つのソフトを使った方がいいかもしれません。

しかし、監視機能のあるソフトが2本あると、もう1つのソフトの検疫に入ってる
スパイ名に反応してしまい、削除>削除された方のソフトも同じ行動をする可能性がでて、
駆除ソフトのデータが壊れたり、PCがおかしくなってたり、
動かなくなる可能性ができてしまうし、
常に監視状態にある為、動作が重くなるので監視機能があるソフトは1つまで。
その他に検索&駆除機能のソフトは2個ぐらいあればいいかと思います。

アンチスパイはフリーソフトでもあるので、フリーソフトを紹介するサイトでアンチスパイを検索してみると数種類ヒットします。
それから、下手なアンチスパイで検索&削除すると、PCのデータがおかしくなったりしますが、
基本的にスパイの情報を駆除しただけなので、問題が起こっても(時間がかかるかもしれないが)復旧させれば元に戻せるはずです。
とりあえず削除するとデータが壊れたりしやすいので、
検疫に入れておけばいいかもです。

それから、基本的にウインドーズアップデートや、
アンチウイルスのアップデートは頻繁に行い、
新種のウイルスやスパイに対処できるようにしてください。

あと、情報が蓄積されないよう、クッキーなどの情報をインターネットオプションの
観覧履歴で削除すればいいのですが、めんどくさいし、
下手にクッキーを消すとINする時にめんどうだったりするので、
詳細設定で「ブラウザを閉じたときフォルダを削除する」にチェックを入れておいた方がいいかもしれません。

ちなみにうちはKINGSOFTのInternetSecurityと、
Windows Defenderを使用しています。

スパイウェアの情報(wikipedia)
アンチスパイは好みで。
スパイ情報サイトは見ておくと、スパイを知るのに役に立ちます。

Category: 政治・社会

Theme: インターネットセキュリティー

Genre: コンピュータ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks