食品偽装

 【 2007.12.11(Tue) 】

前回もこのテーマで書いたが、今回は食品偽装をした業者ではなく、
それの処罰の甘さについて反論があり、書く。

食品偽装が発覚すると、とりあえず社長や会長などの代表が辞めて一件落着しているようだが、
ちょっと待てと。
ケンタみたいに1社員が勝手にやったことなら、その社員を切り、損害賠償を出すくらいしていいと思うが、
幹部や、担当が偽装に関与、容認していた場合、誰の責任かって言ったら
その幹部や担当に責任がある。

だから、社長が辞めたからいいってんじゃなく、
人の口に入れる物の安全性などを考えない生産者がまだ作っていると考えると、
偽装を行っていた社員も辞めなければ消費者の信頼を得られないと思う。

もちろん、医師・教師の資格を剥奪するように、
会社を辞めさせると同時に調理師などの免許をを剥奪すべきで、
すぐに食品関係の仕事に再就職することのないようにするべきと考える。

そして、だいたいの問題になった会社は事業停止したと思ったら、
すぐにまた運営が再開される。
マジでちょっと待てと。

そこで行政の処罰の甘さにイラついたわけだが、
比内地鶏が比内地鶏じゃなく、
賞味期限も貼り変えられて、
じゃあ食品表示いらねーじゃねーかよっ!
偽装→発覚→代表辞める→偽装→発覚→代表辞めるじゃ
利益を求めて偽装するんだから、
逆に他の企業も偽装を行う危険がある。

問題なのは食品表示を偽装されることで、食中毒や、アレルギー、偽物の横行で、
事なかれ式に、何も無かったから注意だけと言うわけでは済まないと思っている。

今の日本は不景気とゆう言い訳をし、
中華の偽ブランド品、ダンボール肉まん、ペットフードでペット死亡、
インスタント麺で子供4人死亡、おもちゃに鉛が多く含まれてるなど、
それに近いぐらい、仕事に対してのプロ意識も責任感なくなっていて、
どうすれば人が喜んでくれるかよりも、利益さえ上がればいいって考えでいる。
それは食品だけではなく、他の業種の会社も同じ。

その末路が、次々と拠点を移して犯罪を行う振り込め詐欺や、架空請求、催眠商法などの悪徳商法。
個人的意見としては、そういった食品偽装などを行った場合、
懲役1~3年とか、詐欺などの量や額によっては5~10年くらいの罰を受けてほしいと思う。
重いんじゃないか?って思うかもしれないが、
食品偽装は人が死亡する危険性もあるし、詐欺などは国として厳重に罰しないと、
消費者は何を信じて物を買えばいいのかわからなくなるので、重いぐらいの罰で調度いい。

Category: 政治・社会

Theme: 食に関するニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks