円相場・生活保護

 【 2007.12.05(Wed) 】

景気が上向きにとか、不景気とか、そうゆう問題じゃなくて、
原油高騰から始まって、ガソリン、食材、灯油と、モロに家庭を直撃。

ガソリンは交通が整ってない田舎では大切な交通手段で、
それだけ車を使う機会が増えるし、
灯油も東北だと使わないと凍死しそうなるときがある。

そんな、仕事もあまりない、不景気な田舎生活で
更にほとんどの食材が値上げ。
電気、ガスも値上げ。

円相場がドン底ってわけでない気がするのに、この不景気はヒドい。
給料は減給が当たり前で、ボーナスも出ない、サービス残業が当たり前など、
ヒドいにもホドがある。

そりゃ、金の貸し借りで身内を殺害とか、無理心中も増える。
赤ちゃんが産まれりゃ捨てるし、自殺したくなるのもわかる。
金の為に体売ったり、詐欺などの犯罪で稼いだりしたくもなるさ。
でも、金に負けるのはシャクにさわる。
借金しても、そのうち返せばいいさ。
ダメなら良くすればいいさ。考えて、現状よりどうやったら良くするか努力しないと。

でも、どうしても借金が払えなくなったら自己破産すればいいし、
生活ができないって状況なら生活保護って手もある。

TVで生活保護の相談のるって相談所の人が言ってたよ。
「自殺などする前に 気軽に相談に来てください」と。
今日は4時までやってると放送がありました。
やる気ねえええええ!!
かたや人が死ぬか生きるかって状態なのに、
時間なんて設けてるのが信じられなかった。

まあ、臨時で移動しながら相談のってるのかもしれないから、
ネットなどで調べれば24時間体制でそうゆう相談をのってくれるであろうサイトがある気がするが、
もしそれで生活保護を受けれても、
今度、生活保護で支給される額が減るってニュースが問題になっている。
家賃を支払って、あと食費を切り詰めてって状況なのが、さらにキビしい状況になるらしい。
貧困層だから子供を育てれないとか、少子化にもなるし、資格や学歴などで格差も生まれる。
金のない所から金を巻き上げるとか、
消費者金融みたいな政治運営をいつまでするのだろうか?
負の連鎖をいつまで続けるのだろうか?
年末助け合いとか、24時間テレビとか、何億って募金が集まるだけ金に余裕がある家庭がある一方で、犯罪しないと生きていけない、刑務所の方が良い生活ができるって家庭がある。

もうね、あんまりヒドいから、いつになったらまともな生活ができるようになるのかわからない難民とか貧しい国に支援するユニセフは日本の金が無駄に海外に出てしまうから禁止にするべきだと思うし、
森に木を植えようとか、介護が必要な人に支援、介護犬育成とかは、募金なんかで募らずに、
日本が運営資金を保証して当然だと思うから募金しなくていいと思う。
とりあえず、日本が財政を立て直すまで募金で募るのは全て税金に回すようにしてからにしてはどうかと思う。
コンビニで募金や、マックで募金、スーパーで募金と、募金額だけで結構な額を集めれると思う。
その募金で集めた税金を木を植えたり、マックの育児施設の運営など、日本がNPOなどに支給する形をしばらくとれば、募金を生活苦の人達や、資格取得や通学支援などにも、その一部をあてれるのではないかと思う

Category: 政治・社会

Theme: これでいいのか日本

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks