スロット全盛期

 【 2007.11.30(金) 】

俺がスロットを始めたのがミリオンゴッド。
飲みも放出も激しい化け物機からスタートだが、
パチンコから初めて、最初頃は目押しができず、
教えてくれる人もいない複雑なゲーム性のスロットの中、ミリゴが目押しいらずで順押しのみとゆうゲーム性でわかりやすくてハマってた。
それからアラジンAや金太郎などやりだしたのだが、
大花火やキンパルやファイヤードリフト、
スーパービンゴに吉宗、北斗と、
朝から並んで高設定を狙う価値があったと思うが、
一回目の規制が入ってから、
高設定より、
中間設定以上のストック狙いに変わり、
今回の二回目の規制から
高設定でも利益がでず、損をするようになり、
その事でスロットファンがスロットを打たなくなる事で、
ストックを自分で貯め、自分で出す事で更に増加枚数がショボくなり、
ホールに人がいなくなった。

規制がかかった理由の1つだろうが、
あの頃、サクラや遠隔操作、ゴト行為が流行って問題になっていたからだと感じるが、
俺から言わせてもらえば、
株をした方が固く勝てる率が高いと思うし、
利率も高いし、簡単。
破産をしても投資として扱われるので、
自己破産できるはず。
宝くじとかとも比べたらリスクと労力に対して規制前が当然の報酬だと感じる。
需要と供給ってものがあって、爆裂機が好きなら爆裂機を打てばいい。
確実に勝てる台が好きなら、そうゆう台を打てばいい。

出ないように規制をかけるのは間違っているし、
ハマらないように規制をかけないのはおかしい。
部外者が規制をしたせいでスロットの人気が低迷し、打ち手がいなくなって、
スロ屋が運営できなくなったらどう責任とる気なんだろう?

Category: 政治・社会

Theme: パチスロ

Genre: ギャンブル

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks