カテゴリ:未来系 の記事リスト(エントリー順)

想像しえるものは現実となる

 【 2017.05.11(木) 】

これも現実的になってきた。
2007年の記事から、約10年もかかってる。
VRも2016年でやっと話題になった印象。

近状 私生活 デフラグ 絵 メガネ ディスプレイ


バウンシーを見ていたら、これも現実のものになってきた。

津波対策 | 天野月熊 #pixiv


こうゆう、こうなるんじゃないかってのは、
遡れば中学生の頃に、テレビで地雷処理の話題を見てから、
どうすれば安全に地雷処理が出来るか?と考えた事があった時から
始まっているかもしれない。

足元で爆発しても良いように、乗り物に乗るでしょ?
なるべく足元で爆発しないように、前方のを処理したいわけ。
じゃあ、スタンプみたいにドンドン押して走るか?とも思ったんだけど、
結果的に、ローラーを前につけて壊して走る形かなと思って、
絵をブログに載せてたら、
気が付いたらそれが現実で使われてた。

たぶん、理に適った方法を考えたら、みんな行きつく先は同じだから、
俺が先に考えたとか、著作権がとか、金がどうとかはどうでもいい。
世界がもっと便利で快適になればいい。

【続きを見る】にある空飛ぶ車だって、
何十年前から想像されていた事だと。
ヘリコプターがあるんだから、
普通に考えたらとっくに作られてておかしくないもの。
てゆうか、アメリカだかで同じデザインの赤くてスピードが出るものが
3億円ぐらいで既に販売されてたはず。
◆空飛ぶ自動車「Moller M400 Skycar」、大幅値下げで2012年から発売予定 - 快適雑学体験放浪記 - Yahoo!ブログ https://blogs.yahoo.co.jp/rfidtag2005/57528843.html #ブログ #自動車 #クルマ関係

電動スケボーだって、名探偵コナンが既に乗っていたもの。
人間が今ある情報から想像しえる事は遅かれ早かれ現実となる。
人間はそれほど頭が良くはないのに、想像出来るんだから、
そりゃー現実に出来ないわけがないし、
可能かどうかはやる気と、協力者次第だと思う。

そして、これからの未来の話をもっと言ってみようか?
沖縄はアミューズメントパークが建設され、
米軍基地が九州へ移転し、
自衛隊が沖縄を守るようになる。

なぜなら、有事の際、沖縄に食糧などを運搬する時に、
米軍では船や旅客機を守ってもらえないから、
自ずと自衛隊が護衛する必要が出てくるからだ。

そもそも、狭いエリアの沖縄に米軍基地があったところで、
有事の際に何の効果があるのか?
ミサイルや、戦闘機で攻撃されたら機能しなくなる規模では?
だったら物資の運搬の意味でも九州が妥当。

中国を警戒するなら沖縄ではなく、
フィリピンやマレーシアにも置くべき。
沖縄の自衛隊基地は韓国同様、合同施設にすればいい。

アミューズメントパークも、沖縄はお土産と
海ぐらいしかないので、他の観光目的に
テーマパークは必須。

そして、各都道府県に各自治体が経営するカジノが建設され、
企業が経営するパチンコ屋は禁止となる。
理由は、朝鮮系企業の外貨獲得が指摘されているので、
利益が直接、県や国の税金のように扱えるようにする為だ。

しかし、直接的に県が経営出来るわけがないので、
宝くじのみずほ銀行、競馬のJRAのように、
専門機関が指定される形になると思う。

それから、景気低迷と少子化の影響によって、
日本人が年々減ってゆき、結果的に
中国人と韓国人、ロシア人、アメリカ人といった
外国人が半数を占める多国籍国家となる。
日本人は経済戦争に負けた形となり、
良くも悪くも外国に占領されたような状態になる。

ユーチューバーから派生して、
プロゲーマーが主流にもなってくる。
なぜか?それは、一般人がただ配信をしているだけでは
数字を稼ぎにくいわけだから、

自ずと、各ゲームの上位ランカーに数字が集まるようになり、
その結果、世界大会を行うようなゲームにプレイヤーも、
視聴者も集まるようになってくる。

プロになるほど、プレイ時間は人より長く行わなくてはならず、
仕事をしながらだと厳しい点も、ユーチューブ等での
配信による収益は大事になってきて、

生放送だけのサイトでは、数字が稼げるスーパープレイを
垂れ流しにしてしまうので、結果的に動画サイト兼生放送サイトである、
ユーチューブがメインとなるはず。

直接、課金額を渡せる生放送も大事になる。
これは、一部有名ユーチューバーが既に行っている事ではあるけれど、
これからもっと一般化してくる。

↓他に便利なもの

◆  続きを読む  ◆

Category: 未来系

Theme: 私の見解

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

戦争 銃 カメラ 兵器

 【 2017.04.17(月) 】

よく、映画で、物陰に隠れながら
銃を乱射して応戦する場面がありますよね?

そして、頭を出して倒そうとすると
頭をスナイパーに撃たれて死んじゃうやつ。

そこで、考えた訳ですよ。
隠れながら、敵を狙えないものかなって。

考えた結果、
銃にスコープを取り付ける要領で、
カメラを取り付ける。

そして、目の前にある画面で
カメラの映像を見えるようにすればいいのかなって。
(隠れた状態で撃ったら反動酷そうだけど)

それと、戦場では、爆発音や銃声で耳がやられる。
かと思えば、足音などの些細な物音も聞かなくてはならない。
そう考えた時に、音量を一定にして聞こえるように、
マイクつきヘッドフォンもあった方がいいなと思った。

その結果、ドラゴンボールのスカウターみたいなイメージになった。
hhtt

専用の回線を使い、ブルートゥースで映像を送ったり、
送られてきたり出来れば、便利なのかな?とも思う。

Category: 未来系

Theme: ミリタリー

Genre: 趣味・実用

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

第三次世界大戦 核戦争

 【 2017.01.05(木) 】

西暦2023年、国籍不明の貨物船からペンタゴンへ
核を搭載したミサイルが撃ち込まれた。

それによって、近くにあるホワイトハウスが破壊され、
大統領が死亡。

hhtt

立て続けにもう1隻の船からニューヨークへ
核ミサイルが撃ち込まれ、
ニューヨークは壊滅し、
それによりアメリカ全土がパニックに陥る。

アメリカのニュースが全世界に流れて間もなく、
中国と北朝鮮から核ミサイルが
東京と大阪、仙台に撃ち込まれ、
それによって日本もパニックになる。

北朝鮮は調整ミスや失敗などと
国際社会には発表していたものの、
実際は、国会議事堂にピンポイントで
当てる精度を繰り返し調整していたのだ。

hhtt

その後、北朝鮮は中国の支援を受けて韓国と戦争を始める。
アメリカ本国が大変な状況で、
日本の米軍基地は指示機能が麻痺。
アメリカ軍は撤退も支援も行えず、
自軍基地を守るのが精一杯となった。

日本国民の大半が事態を把握できないまま、
2日後、秋田県と九州に中国軍が大量に上陸する。

上陸した中国軍は、日本の中心から
次々と原子力発電所と自衛隊を破壊した。

電力がままならなくなり、日本が放射能に覆われた事で、
アメリカ軍は撤退を余儀なくされ、日本は抵抗する手段を失う。

hhtt

都市機能が完全に壊滅した日本は国として機能せず、
円相場は暴落し、紙切れ同様になり、
中国軍から逃れ、地方に逃れた人々も、食糧危機に陥る。

核ミサイルと中国軍の攻撃、食糧危機で日本人の半分が死亡。
数年後には被爆と食糧難、強奪などで
日本に住む日本人は200万人ぐらいまで減ることになる。
それも、奴隷として扱われる人間と、
中国人にバレないように森の中で隠れて生きている人数だ。

中国が日本を攻めたのを見て、ロシアは北海道を侵略。
そして、北海道はロシアの土地になる。
中国軍は日本の本土を侵略した後、
沖縄と韓国を侵略。

円相場が暴落し、本土から輸送が途絶えた
沖縄はほとんど戦う事なく降伏する。

中国はその後、フィリピンを侵略し、
韓国と北朝鮮は中国に吸収され、
日本とフィリピンに軍事基地を作る。

アメリカを襲った貨物船はIS(イスラム国)による
テロと断定されたが、
それを支援したのは中国であった。

アメリカはISへの報復を開始、
中国は国際社会から非難されるが、
ロシアと中国が日本の土地を
略奪した事で同盟を結んでおり、
その事に対して立ち上がる国は現れなかった。

ホワイトハウスとニューヨークを失ったアメリカは
まとまりを失っていて、
立て直すまでに時間を必要とした。

1年後、アメリカは中国と戦争を始める。
ホワイトハウスを襲った核ミサイルが
中国から提供された事を示す証拠が発見されたのだ。

貨物船にミサイルの材料を積み込み、
海上でミサイルのパーツを受け渡しをして
組み立て、発射したのだ。

アメリカ軍はオーストラリアからシンガポール、
インドへと秘密裏に軍を進軍し、
ネパール、ミャンマーもアメリカ軍と共同で戦う。

hhtt

インド側から戦況が激化してきた頃に、
モンゴルから北京に核ミサイルが落とされると、
ベトナムから香港にも核ミサイルが落とされた。
このミサイルは、ホワイトハウスとニューヨークを
狙われたアメリカが用意したもの。

北京と香港を失った中国も、混乱に陥るが、
上海を落とす為には、中国の中央を通らなくてはならない。
中国が日本を落としてなければ、
日本側から攻めれたが、日本が海側の盾の役割を
担ったせいでここから混戦となる。

モンゴルが中国に攻撃を始めたのを見た
ロシアが中国側で参戦。
モンゴルは挟み撃ちとなるが、
アメリカ軍は中国大陸を横断して、
モンゴルに合流して何とか抵抗する。

アメリカはハワイからオーストラリアを通り、
中国大陸へと次々に兵を送った。
ロシアと中国は、その援軍を止めるべく、
ハワイとカナダ周辺の海戦は激化する。

hhtt

そうしているうちに、サンフランシスコと、
ロサンゼルスが襲撃を受け、都市が壊滅的被害を受ける。

この事によりアメリカは激怒し、元々中国が侵略の為に
核ミサイルを手引きした事、日本や韓国、
フィリピンといった国々を支配し続けている事を国連で非難。
国連を動かし、カナダやアフリカ、中南米、ヨーロッパなどの
国々を巻き込んでの、世界対中国とロシアの戦争となる。

2発の核を撃ち込まれ、弱っている中国、
資源が乏しいロシアが持久戦で世界に勝てるはずがなく、
アメリカに核ミサイルが撃ち込まれてから、
1年の準備期間の後、
たったの2年で中国とロシアは降伏する。

アメリカが早めに北京と香港を核で落としたおかげで、
ホワイトハウスへの核ミサイルから3年という早さと、
中国の近隣諸国への被害も抑えることが出来た。
もし、この早期の核攻撃がなければ、
被害が増え、長期化したであろう。

実質的に、日本や韓国、中国、ロシアはアメリカが
統一する形となり、それから20年後には、
中東のイスラム国などの宗教問題も解決に向かうのであった。

この戦争でアメリカと中国、インド、北朝鮮、ロシア、
特に日本と韓国が大きな被害を受け、
15億人近くが死亡した。

Category: 未来系

Theme: 国際政治

Genre: 政治・経済

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る