カテゴリ:動画 の記事リスト(エントリー順)

映画 レビュー

 【 2012.11.10(Sat) 】

1週間ずっと10円スロットと、1パチばかりしてました。
朝に目が覚めたらDVDを見て、10時にパチ屋へ。
19時~23時ぐらいに終わって、

焼き肉、ステーキ、中華料理、牛丼、カレー、カツ丼あたりを
食べに行ったり、イオンで値下げ商品を買って帰宅。
寝る前にDVDを見て、寝て起きたらDVDを見ての繰り返し。

13本借りてきたから、1日2本ペースで見てた。
1週間で見ないといけないから、時間に追われて
ブログとかずっと放置だったw

今度は15本借りてきた。
19日に新台入れ替えがあり、月曜に設定が悪く
なったので、今週は新台まで打たない方向で。

打つとしても、昼過ぎとかに出かけて、悪い設定じゃないのに
ハマった台を打ち、他人が入れた貯金を回収する感じでいいと思う。

寝る前に食ってから寝るし、パチ・スロで肩も凝ったし、
首元も休ませてあげないといけないのです。

(5番と6番の首が後ろに軽度のヘルニア、
6番と7番は横に軽度のヘルニアがあるので、
肩が凝ってくると疲れやすくなるし、
手が痺れて麻痺っぽくなってくる。)

しばらくはDVDを見て、酒を飲みながら
美味しいものを食べる生活を重視しようかと。
引っ越しするかもしれないし。

データがわかりやすくて、設定も入ってる店だから、
大勝しなくても、日雇いのバイトぐらいは稼げた。
勝てる理由がわかったから、後日書きたいと思ってます。

とりあえず、生まれ育った境遇の影響も大きいと思うけど、
元々トークも得意な方じゃないし、
恋人もずっといず、1人暮らしに慣れてからは
人と係わりたくないと思うようになったよね。
出来れば、誰とも話さずに暮らしたい。

だからパチやスロで稼ぐのは自分に適してると思う。
人の顔色を気にしなくていいのが凄く良い。
データを計算し、黙々と仕事をする。頑張ればボーナスも出る。
良い仕事じゃないか。
最近は、SEや研究みたいな仕事が自分にあっているんだなと
ホント思うようになってきた。



ピエロの赤い鼻

★★★★★ ★★★★★ 10
(恋愛・昔話・仕事・友情・軍隊・ナチスドイツ)

なぜ自分の父親がピエロなんかをして人に笑われているのか?

子供がそんな父親を嫌っている様子を、
父親の親友が見かけ、父がピエロになった理由を
子供に伝える事となる。
その事で知った父親と、父の親友、それと母の事。

映画の最初は、ただの父と、父の親友、
母ってだけの存在でしかなかったのが、
映画の後半では、
父の親友が父にとってかけがえのない存在であるとわかるし、
父は母を愛し、それで自分が生まれたんだと知る事もでき、
ピエロって仕事に対する誇りのようなものさえ感じる事ができる。

1本の映画が短く感じるぐらい、
物語の展開が自然でわかりやすかった。



クレイジー・ハート

★★★★★ ★★★★☆ 9
(歌手・カントリーミュージック・恋愛・アル中・子供)

人気だったカントリーミュージック歌手が、
弟子に人気をとられ、離婚を繰り返し、
アルコール中毒になって落ちぶれ、
各地のバーで営業をしているところから物語が始まる。

そして、そこで知り合った女性と愛し合い、
子供を我が子のように可愛がる。
過去の失敗もあり、生活を改めようとするんだけど、
浸みついた習慣は治らない。

そんな状況の中で、歌と愛と生活が1つになってゆく。
歌手として成功した人間がリアルに表現されている。
カントリーミュージックが良い感じに流れるので、
映画を見るだけではなく、音楽としても楽しめる作品。

愛(気持ち)の表現、落ちぶれた人間の心の葛藤が
うまく表現されている良作です。



みんな元気

★★★★★ ★★★☆☆ 8
(家族・厳格・愛・兄弟・子供・親・仕事)

4人の子供を育てた親の話。
子供達は父の誇りとなるよう頑張って生きてきた。
月日が流れ、母が亡くなり、父が1人で暮らすようになる。

母とばかり連絡をとっていた子供達は、
週末にも仕事を理由に家に帰ってこない。
父は病気の体ながら、子供達に会いに旅行に出る物語。

現実でも、子の為に良かれと働き続けるも、
家に親がずっといなく、孤独に暮らした子供とか、
子供に夢を叶えてほしいと、安定した仕事についてほしいと、

親が子供に考えを押しつけた事で、関係に亀裂が生じ、
老後は子供達と離れ離れで暮らすようになる事も
多々あるのではないだろうか?

一生懸命働き、会社が不景気で倒産、リストラされ、
離婚され、老後は老人ホーム。
何が正しい事かわからない、こんなご時世だからこそ、
こうゆう映画で人生とは?家族とは?を
考え直すのも良いかと思います。



↑デニーロもこうなる良作。



THE MYTH 神話

★★★★★ ★★★☆☆ 8
(恋愛・昔話・神秘・アクション・戦士)

なぜか、YUTAYAのホラーコーナーにあった
ジャッキーチェン主演の恋愛アクション映画。

考古学者の主人公が夢を見る。
兵士となり、王妃を守る夢。

ある日、反重力研究をしている親友に
遺跡に連れて行かれるのだが、
そこで夢で見た王妃の絵と、剣を手にする。

その後、いろいろな場面で前世の記憶がよみがえり、
前世の記憶と、現代の自分がリンクしてゆく。

兵士として、王妃としての立場と、気持ち。
最初から最後まで切ない物語。
もっと幸せであれる物語であったなら評価は9~10になっていた。
切ない恋愛でも良いならオススメ。

戦いが、ずっと死と隣り合わせみたいな場面ばかりなので、
アクションは結構アツイ。
兵士と王妃との恋愛って時点で、悲しい物語になって
当然なのかもしれない。



僕が結婚を決めたワケ

★★★★★ ★★★★★★ 10
(恋愛・コメディー・友情・親友・浮気・仕事・真実)

自動車のエンジンを仕事にしている2人が、
自動車会社に自分達の仕事を売り込みに行く。
正式に契約してもらう為に、早いうちに試作品を
作らなくてはいけない状況になる。

そんな中、親友の妻の浮気現場を目撃してしまう。
仕事の納期も迫っている状況で、
浮気の事を打ち明けたら、仕事に支障が出てしまうかもしれない。

糞ビッチでも親友の妻。
浮気をしないよう説得するも、
夫も風俗店で浮気していて、半年間セックスがないと
言って聞き入れられない。

大きな仕事と、親友の妻の浮気の間で葛藤する姿が心を打つ。
恋愛、結婚、友情、その中で大切な事を考えさせられる作品。

現実でも、生活の為に仕事をしながらプライベートをこなす。
ドラマや映画などでは、仕事の内容が疎かにされ、
プライベートが重視されている事がほとんどだったりする。

この作品は、大事な仕事の納期が迫っている中、
親友の、妻が浮気って問題が、
仕事と友情と恋愛を1つのテーマとして結びつけている。
普通の恋愛映画に飽きた人や、
友情系映画を見たい人には特にオススメできる作品です。



ロッキー・ホラー・ショー

★★★★☆ ☆☆☆☆☆ 4
(ホラー・ゲイ・ミュージカル・筋肉・宇宙人・SF)

ゲイ要素が多く含まれているのと、
ホラーっぽい狂気じみた感じがあるので、
見る人を選ぶ作品だと思う。

ストーリーもまさにB級映画って感じで、内容もあまりない。
ミュージカルが好きな人にはオススメな作品。



サバイバル・フィールド

★★★★☆ ☆☆☆☆☆ 4

サバイバルゲームに武器を持った殺人鬼が
混ざっていた話。

以前書いた、金のない老人を孤島に放して
相手を殺せば帰国して生存権を与えるって内容とか、

金のない人を集め、好きな種目同士で戦わせ、
相手を殺せば、相手の全財産と賞金を手に入れるって
内容に近いと思ったので借りて見てみた。

まず、殺人鬼だけが武器を持っている時点でどうかと
感じたのと、サバゲーをしている人間の時点で、
軍隊にいくほどの人間じゃないチキン野郎。

敵にいつ殺されるかわからない状況なのに、
わめき過ぎ。味方の位置がバレバレすぎ。

生かすべき人間は2人の男しかいなかったけど、
結局、ビビリまくってる女が生き残る。
主催者は一体何がしたかったのか?
目的が謎すぎ。

人を殺す時は暗視スコープの映像だったので、
その点でのグロへの配慮は良かった。
カメラワークや映像表現は良かった。

こんな事をするぐらいなら、参加費5万で、
相手チームの(銃や、切れないナイフによって)
ペイントがついた人間は賞金なし。
(死亡判定が出たら、相手を倒す事ができない)

所定時間を生き残った、勝ったチームの人間で
賞金を分配するとかの方がリアルだと思う。



オーロラの彼方へ

★★★★★ ★★★★★ 10
(家族・愛・過去・未来・消防・警察・殺人)

良い父だったが、30年前の倉庫火災で亡くなってしまう。
父が使っていた無線が見つかったので、
置いていたら無線がつながる。

その相手が30年前の父親で、
30年後の息子がアドバイスをしてゆく。
父はアドバイスによって助かるが、
それによって未来が変わってしまう。

未来が変わった事で、今度は母が事件で殺害されてしまう。
未来の警官の主人公と、過去の消防の父が協力して
殺人犯を逮捕しようとする。

過去の時間軸が、同じ日の同じ時間帯ではなく、
30年前と30年後でリアルタイムで進む為、
過去に父が死んでしまったら、
それで終わってしまうとゆう緊張感があった。

家族愛と、サスペンスがテーマとなっている。
映像表現や、ストーリー展開など、よく作られている名作。



ラースと、その彼女

★★★★★ ★★★★★ 10
(ラブドール・孤独・愛・人形)



良い人なんだけど、人とあまり係わろうとしない主人公。
恋人を作ろうともせず、家に1人でいるので、
隣に住んでる兄夫婦は、「ゲイなんじゃないだろうか?
どこかおかしいんじゃないだろうか?」と心配する。

するとある日、彼女を紹介したいと連れてこられたのが
ラブドールだった。
兄夫婦は、弟が狂ってしまったと驚き、
とりあえず病院へ行くよう弟を説得する。

病院では、こうなったのには何かの理由があるはずだから
原因を改善できるまで、この状況を維持してくださいと
促され、街ぐるみで理解をしていく事となる。

なぜラブドールを愛そうとしたのかもわかるし、
ラブドールだからと拒絶しない村人の姿も良かった。
職場の同僚が、フィギュアを大切にしていたり、
テディーベアを大切にしていたりと、
ラブドールを愛する事を理解しやすい表現があるのも
凄く良かった。

パーティーでは、男達が、「キレイだし、口うるさくないし、
浮気もしいない」と冗談まじりに褒めている。
俺もラブドールが欲しい人間だから、
まったくもってその通りだと共感できた。

人間の女はブサイクなくせに浮気をするし、
何かあれば、すぐに文句を言うし、人形に劣る。
二言目には金、金、金。
もうそんな人間って生き物にはウンザリなんだよ!

発情したメスをオナニーのネタにするのは、
自分は人から愛されていると錯覚させ、
精神状態を安定させる意味があるが、

裸になっている女は誰の前でも裸になるビッチで、
金が欲しいだけであって、自分を見てオナニーしている男を
愛して裸になっているわけではない。

いつまでも独身でいるような奴は、
人から愛されてなどいない。
むしろ、無能な奴だと嫌われている。

そんな、人々に愛されてない人間の遺伝子を
子孫に残しても可哀相なだけだ。
だったら人形を愛しててもいいじゃないかとなる。

ペットを愛すのもいい。人形を愛すのもいい、
愛せるものがあるだけ幸せだ。

◆  続きを読む  ◆

Category: 動画

Theme: 映画感想

Genre: 映画

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ももいろクローバーZ ももクロちゃん 元気の出る動画

 【 2012.05.10(Thu) 】


Live video by Ustream
PUSH



事務所にもっと推され隊


Z伝説 ~終わりなき革命~




飛ぶぜっ!ももいろクローバージェット
ももクロのニッポン万歳!




行くぜっ!怪盗少女




走れ!

◆  続きを読む  ◆

Category: 動画

Theme: おすすめの音楽の紹介♪

Genre: 音楽

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る